スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年12月04日

ショットショージャパン出品パッチ④ MAdMAXパッチ


こんばんはパッチ担当のKです

本日もショットショージャパンに出品するパッチの紹介です





紹介するのはこちらのMADパッチです



実物500D生地をレーザーカットし、反射板と組み合わせたIRパッチです

当初は普通にMEDパッチを製作するつもりでしたがそのままでは面白くないのであえてMEDとは正反対?のパッチにしてみました








MADパッチがあるのだから、ということで勿論MAXパッチも製作しました



どちらも一発ネタっぽいので製作枚数は少数となっております

もし興味のある方はブースに早めにお越し下さい










次に紹介するのは、輸血袋パッチです



MADMAXのオマージュで革にレーザーで焼き印を入れました、残念ながら人皮は手に入らなかったので牛革で代用しています

一見わかりにくいですが、血液型記載部分はレーザー出力を上げて視認性を上げました

こちらも実験的に製作したので枚数は極少数となっています












<開催日>
2015年12月5日(土)・6日(日)
開場(両日共)10:00~17:00


<開催場所>
大阪市中央区西心斎橋2-9-28
サンボール地下1階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。
  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 02:10Comments(0)パッチショットショージャパン2015冬

2015年12月03日

ショットショージャパン出品パッチ③ レーザーカットIRタイプパッチ



こんばんはパッチ担当のKです、本日もショットショージャパン出品物の紹介です



今回紹介するのはIRタイプパッチです



材料には実物500D生地をレーザーカットした物と反射材を組み合わせています



レーザーカットによるパッチは以前から構想していましたが今回のイベントからなんとか機材を使用出来る目途が立ちました

イベントにはキャリコジャック以外のデザインのIRタイプパッチも持っていく予定です





勿論ナイトビジョンにも対応しており、実物と同等レベルの完成度となりました






マルチカム以外にもRG、MCBKを使用したパッチも製作してみました







時間的余裕があまりなかったのでそれぞれの枚数は少な目となっております





500D生地以外にもHYPALONという特殊素材を使用したパッチも製作してみました



HYPALONはナイロンよりも強度の高い特殊ゴム素材です

平たく説明するとJPCの肩のやつです



偶然素材が手に入ったので試作して見ましたが中々良い出来となりました

こちらもショットショージャパンにはキャリコジャック以外のデザインパッチも持っていく予定です








<開催日>
2015年12月5日(土)・6日(日)
開場(両日共)10:00~17:00


<開催場所>
大阪市中央区西心斎橋2-9-28
サンボール地下1階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。
  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 01:39Comments(0)ショットショージャパン2015冬

2015年12月02日

ショットショージャパン出品物 迷彩用塗装用プレート

こんばんは、忘れられがちですがパッチ兼ステンシル担当のKです


本日は迷彩塗装用マスキングシート(Camo Paint Sheet)の新商品の紹介です




Camo Paint Sheet(CPS)とは迷彩塗装用のマスキングシートを迷彩柄にカットした物です















主な用途としてはマスキングからのエアガンや装備類の塗装








ADDICT製ベースパッチによるオリジナルコールサインパッチの作成に使用することが出来ます








そして本日改めてご紹介する新商品はこちらのCPSの再利用可能版です



今までの粘着シートタイプは曲面には非常に有効でしたが原則一度しか使用出来ないという欠点がありました

新型の再利用版はA4サイズの0.3mmプラ版を加工してあり大面積の塗装に有効です






厚みも極力薄い0.3mmを使用しているので多少の曲面にも利用可能です



一度購入すれば繰り返し使えてお得ですのオススメです



ちなみに、マルチカムブラックは黒にODを吹き付けるとそれっぽくなるので

このCPSを使用すればマルチカムブラック装備が簡単に量産することが可能です






現状はマルチカムタイプしかありませんが、現在ピクセルタイプやKryptekタイプも開発中です!







<開催日>
2015年12月5日(土)・6日(日)
開場(両日共)10:00~17:00


<開催場所>
大阪市中央区西心斎橋2-9-28
サンボール地下1階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。
  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 01:27Comments(0)ステンシル

2015年12月01日

ショットショージャパン出品物  次世代電動ガン用タトゥーマガジン


こんばんは、パッチ担当のKです

本日は試作品としてショットショージャパンに出品する新商品の紹介です



紹介するのはこちらのADDICTオリジナル商品のタトゥーマガジンです






次世代電動ガン用純正マガジンにレーザーによる刻印を入れた物です

種類はUSフラッグKCRFireパターンMARSOCの4種類でそれぞれ両面に刻印が施してあります








刻印の位置は本体挿入時にデザインが被らない位置に施してあります







KCRとMARSOCはMAGPULを取り付けた際にも干渉しないようになっています











特徴的な見た目でオシャレに使うも良し、他人との区別用にも良い商品です

ベースのマガジンは純正品の新品を使っており、動作にも問題ありません









今回は試作品の為各個2~4個 しかご用意しておりません、気になる方はお早めにブースにお越し下さい




<開催日>
2015年12月5日(土)・6日(日)
開場(両日共)10:00~17:00


<開催場所>
大阪市中央区西心斎橋2-9-28
サンボール地下1階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。



  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 01:31Comments(0)ショットショージャパン2015冬

2015年11月28日

ショットショージャパン出品パッチ②




こんばんは、イベントまで後1週間を切ってかなり切羽詰まってきているパッチ担当のKです



今回もショットショージャパンに出品するパッチの紹介です





ビクトリーショーでは3時間と持たずに完売し、その後もお問い合わせのある本革製の金剛石犬パッチですが再生産したのでショットショージャパンに持っていきます














コスタリカ辺りで傭兵やってそうなパッチや、武装蜂起を起こしそうな独立武装要塞パッチも再製作したで持っていくつもりです











中々時間が取れなくてアッサリし過ぎな記事で申し訳ないです(;'∀')

次回の記事からは新商品の紹介をする予定です・・・










<開催日>
2015年12月5日(土)・6日(日)
開場(両日共)10:00~17:00


<開催場所>
大阪市中央区西心斎橋2-9-28
サンボール地下1階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。

  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 01:38Comments(0)ショットショージャパン2015冬

2015年11月26日

ショットショージャパン出品パッチ①





こんばんは、パッチ担当のKです

本日はショットショージャパンに出品する商品の案内です






紹介するのはこちらのKCCOパッチです



元ネタは第二次世界大戦前にイギリス政府が国民の士気を維持するための「Keep Calm and Carry On」 (平静を保ち、普段の生活を続けよ)という宣伝ポスターです





ADDICTではオリジナルの本革製パッチの製作を行っており、今回は牛革に金銀拍押しをしたパッチです

本革製パッチは10以上の工程で1枚づつ手間をかけて作成し、撥水加工も行っております

革と箔押しによって刺繍やナイロンには無い独特な高級感があります





前回のショットショージャパンやビクトリーショーで毎回売り切れている人気商品ですが今回も再生産して出品します









続いて紹介すのは78回ビクトリーショーに出品した物の再販です

オリジナルデザインで黒の本革に箔押しを施した血液型パッチです



デザインはサイケデリックになっており、小さいながらもインパクトのある出来栄えになっています








血をイメージした赤以外にもゲームに使い易い白や、赤よりもサイケデリックなレインボーも製作してみました












今回は以上2点だけですが、他の本革製パッチも記事にする予定です







<開催日>
2015年12月5日(土)・6日(日)
開場(両日共)10:00~17:00


<開催場所>
大阪市中央区西心斎橋2-9-28
サンボール地下1階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。


  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 01:09Comments(0)パッチショットショージャパン2015冬

2015年11月24日

ショットショージャパン2015冬 出店のお知らせ



こんばんは、パッチ担当のKです


本日は改めて12月5,6日に開催されるショットショージャパン2015冬の出店のお知らせです


<開催日>
2015年12月5日(土)・6日(日)
開場(両日共)10:00~17:00


<開催場所>
大阪市中央区西心斎橋2-9-28
サンボール地下1階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。


<入場料>
前売り券:¥500当日券:¥600



ショットショージャパンは半年に一度開催される関西最大の即売会でADDICTは2014年冬から参加させて頂いています

今回のADDICTブースの位置はショップエリア中央部付近となりました



今までの個人ブースエリアとは大きく場所が違いますのでご注意下さい





ADDICTのブースはいつもと同じく無線担当とパッチ担当の2テーブルで出店します



2テーブルで少し雰囲気が違いますがどちらもADDICTブースとなっております









無線担当が主に扱う商品は主に実物無線用特小無線回路、実物無線装備です













パッチ担当の私が主に扱うのはパッチ、迷彩塗装用ステンシルを扱っています





















今回のイベントからは他にも新しい商品も出店する予定です






各商品に関してはショットショージャパンまでに随時ブログで記事にしていく予定なので宜しくお願いします






  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 01:15Comments(0)Total infomationショットショージャパン2015春

2015年11月15日

回路製作

こんばんはHIGE坊主です。



福岡MINIMIRIでは多数のお客様に御来店いただき大変嬉しく思っております。
九州方面の皆様、誠にありがとうございました。

製作したFMA PRC148ですがまさかの完売となり驚いております。

次回活動予定のショットショーに持っていく分がなくなってしまい急遽製作しています。

ハンダ付けがね・・・以外にハードです^^;
製作予定ですがスタンダードタイプ回路、TCI専用回路、10PIN MSAキット用回路を仕込んだダミーラジオを作るつもりです。
あと3週間間に合うかな・・・・・
  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 20:09Comments(0)Total infomation

2015年11月03日

MINIMIRI出店します

こんばんはHIGE坊主です。

今週の土日はMINIMIRIに参加いたします。


無線関連はもちろんCRYE AVSやParaclete、BWD等のナイロン系も持って行きますので楽しみにしていてください^^
九州方面の方は是非お越しください

  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 18:44Comments(0)Total infomationMINIMIRI 10

2015年10月28日

電波法を守りましょう^^

こんばんはHIGE坊主です

今回は電波法のお話です。



電波法の中でもミリタリーに一番近い無線機のお話です

一般に使用する無線機(外国製を含む)の殆どに特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)が付いています。

これが技適マーク



技適マークが付いていない無線機は、「免許を受けられない/違法になる」恐れがありますので、無線機を購入・使用する際は十分ご注意下さい。
というそれだけのことなのですが犯罪になりますのでADDICTでは不法改造や技適マークが無いものは一切取り扱っておりません。

現在安価で外国製品が出回っておりますがその殆どが日本国内での使用は許されておりません
例えばよく見かける免許不要、通話距離~キロなどのミッドランド無線機やミリタリーでよく聞く中国TRI製無線機など
全て技適マークはありません。

個人で捕まるなら勝手ですが有料フィールドやイベント等でトラブルになると全員に迷惑が掛かります。
以上の理由からADDICTは断固違法無線使用には反対いたします。

ただでさえエアガンやナイフを使った事件が起こるたびにミリタリー業界の風当たりがきつくなります。
こんな記事を書いたのは同じ趣味を持った者同士、楽しくルールを守ってほしいからです。

  

Posted by ADDICT tactical equipment works at 18:45Comments(0)Total infomation