2014年11月27日

【ショットショージャパン】塗装用ステンシル情報その③




こんばんは、ステンシル担当のKです



前回前々回とADDICTオリジナル商品のステンシルシートを紹介してきました




今回も同じくステンシルシートの紹介です、今回はKRYPTEKタイプを塗装方法も交えて行います








細かい手順は前回ご紹介したので若干省略気味でいきます







まず、ADDICT製のベースパッチとフォントタイプのステンシルを用意します

フォントステンシルから好みの文字を切り抜き、付属の転移シートを使ってパッチに移します












それが終われば今度は塗装作業に入ります、今回はBLP MOBILE PAINTSのTANとMr.Colorのウッドブラウンをグラデーションぽく吹き付けます



スプレーに関してはKRYLON、BLP MOBILE PAINTS、インディ等の粒子の細かい製品の方が喰いつきの良く耐久性も高く、後の作業もし易いのでオススメです










次に使用するKRYPTEKタイプのステンシルを準備します

シートには予め切り込みが入っているので画像のように円形の部分をデザインナイフ等を使って捲り取ります












パッチの面積を考えて上下で大体半分にカットします












カットした後はフォントステンシルと同じように先ほど塗装したパッチに転移させます













後は転移シートを捲れば準備完了ですが、この際余白を切り落としておくと剥がし易いです













剥がし終えたら下地と同じくBLP MOBILE PAINTSのTANカラーを全体に吹き付けます












後はステンシルシートの部分を捲り、最後に艶消しトップコートを吹き付ければ塗装は終了です













最後にフォントステンシルを捲ればオリジナルパッチの完成です!



ちなみにベースパッチには反射材を使用しているので完成したパッチはIRリフレクターパッチとしても使える優れものです!










KRYPTEKステンシルが半分余ったので白のベースパッチを使ってTyphonタイプも作ってみました



KRYPTEKタイプは他のマルチカムタイプとピクセルタイプよりも塗装回数が少なくて簡単です

さらにKRYPTEKの生地は一般に出回っておらず、人と被ることもまずあり得ないのでオススメです!








今回はパッチ製作方法として紹介しましたが、勿論エアガンやプラモデル等にも使用出来ます










他のステンシルパッチやMP7はショットショージャパンのブースに展示予定なので是非ブースにいらして下さい




















同じカテゴリー(パッチ)の記事画像
米露決戦Ⅱ記念パッチ
ショットショージャパン出品物 パッチ保管タペストリー
ショットショージャパン出品パッチ④ MAdMAXパッチ
ショットショージャパン出品パッチ①
【パッチ依頼製作】サバイバルゲームチーム BARNS
【パッチ依頼製作】サバイバルゲームチーム かすとる
同じカテゴリー(パッチ)の記事
 米露決戦Ⅱ記念パッチ (2016-09-04 23:04)
 ショットショージャパン出品物 パッチ保管タペストリー (2015-12-05 03:36)
 ショットショージャパン出品パッチ④ MAdMAXパッチ (2015-12-04 02:10)
 ショットショージャパン出品パッチ① (2015-11-26 01:09)
 【パッチ依頼製作】サバイバルゲームチーム BARNS (2015-08-31 02:04)
 【パッチ依頼製作】サバイバルゲームチーム かすとる (2015-08-19 02:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。